alternate

コンプライアンス

コンプライアンスに関する基本的な考え方

会社はさまざまなステークホルダーに支えられ、利益成長をめざす一方で、その事業活動が社会に認められなければ存在できません。コンプライアンスは会社の誠実な事業活動を支える根幹であり、計上される利益はコンプライアンスに裏づけされたものでなくてはなりません。私たちは、一人ひとりの自律的かつ倫理的な行動によって誠実な企業風土をよりよいものにし、健全な労働環境と私たちを取り巻くステークホルダーとの良好な関係性を築くことが最も大切だと考えています。
そこで、MARUWAのコンプライアンスに対する基本的な考え方をまとめ、国内外におけるMARUWAグループ共通の行動基準として「コンプライアンス・マニュアル」を作成。グループ従業員に配布し、その内容の周知・遵守を徹底しています。

コンプライアンス・マニュアル

  1. 人権の尊重

  2. 独占禁止法および関連諸法の遵守

  3. 下請法の遵守

  4. インサイダー取引の禁止

  5. 情報の適切な取り扱い

  6. 贈収賄の禁止

  7. 利益相反行為の禁止

  8. 各種業法の遵守

  9. 安全保障貿易管理

  10. 輸出入手続

  11. 知的財産権の尊重

  12. 情報システムの適切な使用

  13. 反社会勢力との関係遮断

  14. 環境保全

  15. 適正な経理処理・税務申告と適正な会社情報の開示

  16. 不正競争の禁止

  17. 会社財産の尊重

コンプライアンスマニュアル

Pick up Contents