COLUMN

期待される
電気電子分野の
スペシャリスト

優れた特性の材料を使い、コンデンサ、インダクタなどの電子部品を開発・生産するMARUWA。次のステージでは、それら優れた電子部品を使い、今までにない製品を生み出していく電気電子分野のスペシャリストのチカラが何より必要です。多種多様なケースの開発課題に対し、シミュレート、回路設計、特性の確認などができる技術者の育成に力を注ぎ、さらなる高機能製品の開発を目指しています。

セラミック技術×電気回路技術

優れた放熱性と強度を併せ持つセラミック基板、業界でもトップクラスの性能を持つコンデンサ、インダクタ、高周波部品といった電子部品。MARUWAならではのこうした部品をフルに使って回路設計に取り組めることが魅力の一つです。優れた部品を用いて課題解決にどのような答えを導き出すかはあなた次第。優れた特性を持つセラミック材料という土台の上で電気電子技術者としての技術を磨いていけます。

セラミック技術×電気回路技術

一製品の開発につき一人の専任担当者

MARUWAでは、基本的に一つの製品開発につき一人の専任担当者をおいています。つまり、開発にあたっては、課題解決につながる自分なりのアイデアをフルに試していける環境です。クライアントからの課題を解決するために、以前から温めていた回路設計のアイデアを取り入れる、新たな部品を組み込んで今までに無かった回路パターンにトライすることができます。もちろん、知識の足りない点、例えばセラミック材料や光源に関する知識も取り入れていく必要があり、苦労する点も多いです。しかし、今までにない技術に挑戦するなど、技術者として大きく成長できる環境です。

一製品の開発につき一人の専任担当者

先輩が語る、仕事に活きた基礎知識1[オームの法則]

電気電子分野を専門的に勉強した方にとっては基本中の基本である「オームの法則」。電圧(V)=電流(I)×抵抗(R)……というアレですね。こうした基礎知識が実は重要。LED照明の基板設計に従事する先輩エンジニアは語ります。「仕事で回路を考えていくにあたって、最初に役に立ったのは学校で学んだ基礎知識。特にオームの法則を理解しているだけでも、仕事への入りやすさが違います」。基礎知識があれば、仕事のスタートラインに立てる。そこから先は現場で山ほど学んでいけます。

先輩が語る、仕事に活きた基礎知識1[オームの法則]

先輩が語る、仕事に活きた基礎知識2[アナログ電子回路]

学生時代の実験でアナログ電子回路の設計、実装に取り組んだ経験が今の仕事に活きていると語るのは、道路灯などの社会インフラ照明において電子回路設計に挑む先輩エンジニア。「電子回路設計に必要な素子、ダイオードなどの特性を学生時代に理解していたことが、現在、より高度な回路設計に挑む際の土台になっています。仕事では、より難易度の高い問題を回路設計技術で解決していく必要があり、そのためには[素子がどんな働きをするか]といった基礎的な知識が重要で、学生時代の勉強が今に役立っていますね」と話してくれました。

先輩が語る、仕事に活きた基礎知識2[アナログ電子回路]

高効率で省エネな光の実現に必要な回路技術

すさまじいスピードで日進月歩を続けるLED照明技術。今この瞬間にも、いかに効率の高い、省エネルギーな照明を開発できるかという点に各メーカーが心血を注いでいます。MARUWAの主力製品であるインフラ分野の照明市場においても、省エネ実現は大きな課題。現在、その開発に必要とされているのが電子回路設計の技術です。エネルギー効率の良い回路を実現するため、どんな部品をどう配置すればいいのか。回路設計技術者のアイデアを大いに活かせる環境があり、社会の期待に応える次世代製品の開発に挑むチャンスがあります。

高効率で省エネな光の実現に必要な回路技術

LED照明向け電源装置の開発

LEDは直流で光る性質を持っています。そのため、コンセントから流れる交流を直流に変換する電源装置が必要不可欠です。その点は、他の多くの家電製品と変わりありません。しかし、ひと口にLED照明と言っても用途はさまざまです。例えば、道路灯やトンネル灯などの社会インフラに使用されるLED照明では、省エネやハイパワーといった最終目的に合致した電源装置の開発がミッションになります。エネルギー効率、発熱の問題など複数の技術的な要件を考慮し、信頼性の高い電源装置をオリジナルで形にする力が求められます。

LED照明向け電源装置の開発

Q値

電気工学、電子工学の分野を専攻した方であれば馴染み深いQ値。共振回路の共振のピークの鋭さを表す値として一般的で、高いQ値ほどエネルギー損失が小さい、というのは皆さんご存知だと思います。MARUWAの製品開発においても、Q値の高さは重要なポイントです。いわゆる損失低減を開発テーマの一つに掲げるケースが非常に多いです。この分野における私たちの強みは、何よりも自社内にQ値の高い材料を保有していること、それを新製品開発に自由に活かせることです。世界最高レベルの要素技術を用いて回路設計に取り組むことができます。

Q値

キーワードは高周波回路

携帯電話、基地局、無線機、ワイヤレスマイク、無線LANなどの製品に欠かせない高周波回路設計技術。MARUWAでは、自社独自の技術を応用し高周波モジュールの開発に取り組んでいます。外形サイズ・対応周波数・電圧制御範囲など要望に応じた仕様の発振回路を設計し、製造まで自社で行う体制があります。超小型モデル設計、MARUWAの誘電体セラミック(同軸共振器)を用いた高CN比モデルの設計など、さまざまな製品開発に取り組めるチャンスがあります。

キーワードは高周波回路

世界NO.1の精度のGPSアンテナを目指して

自動運転車、スマートフォンやタブレットなどの情報端末、ドローンなど、最新のエレクトロニクス機器開発には、優れたGPSアンテナの開発が必要不可欠となっています。例えば近い将来には30センチ以内で位置情報を計測できるGPSアンテナの開発が必要です。さらに、数センチ、数ミリと求められるアンテナ精度はどんどん高くなっています。精度を高めるには様々なファクターがありますが、大事なのはアンテナの性能とGPSの心臓部であるマイコンの性能でしょう。二つの性能が融合した結果、高い精度が実現できます。そこには、MARUWAの回路設計技術、優れた特性を持つ部品の力が求められており、世界レベルの製品開発に従事できるチャンスがあります。

世界NO.1の精度のGPSアンテナを目指して