alternate

オトのじかん ―MARUWAの音楽会―

芸術の素晴らしさ、生の楽器の音色にぜひ触れてほしいという思いから企画した音楽会。
地域の音楽家の協力を得て実現いたしました。

これまでの開催内容

  • 第4回 / 2021年 瀬戸公演

    2021年10月13日(水)に瀬戸市立瀬戸特別支援学校小学部、11月24日(水)に同校中学・高等部、そして12月1日(水)に愛知県立瀬戸つばき特別支援学校中学部にて第4回「オトのじかん-MARUWAの音楽会-」を開催いたしました。
    今年も新型コロナウイルスの感染予防対策として、広い会場を使用し、人数を半数に分けて二部制にするなど対策を講じた上での開催となりました。声援を送らない中でも視覚的に雰囲気を盛り上げる照明演出や手持ちの楽器で演奏に参加するなど、生徒の皆さんにとってプロの生演奏を肌で感じる良い時間となりました。

    瀬戸市立瀬戸特別支援学校 小学部

    概要


    日時: 2021年10月13日(水)10:00~、10:55~
    場所: 瀬戸市立瀬戸特別支援学校 萩山小学校体育館
    出演: B-Style / 荒川“B”琢哉(パーカッション) 小田智之(ピアノ) 梶祥太郎(ベース)

    • オトのじかん-瀬戸市立瀬戸特別支援学校 小学部

      コンガの演奏体験をしました。うまく音を出すには力加減が難しかったですが、次第にリズムにあわせて叩くことが出来るようになりました。

    • オトのじかん-瀬戸市立瀬戸特別支援学校 小学部

      日本の童謡「赤とんぼ」ではスローテンポのラテン調アレンジが良くマッチし、ゆったりと気持ちの良い時間となりました。

    • オトのじかん-瀬戸市立瀬戸特別支援学校 小学部

      演奏後はベースに触ることが出来ました。児童の皆さんは弦に軽く触れるだけで響きわたる大きな音に驚きながらも、自分でオトを奏でることができ嬉しそうにしていました。

    瀬戸市立瀬戸特別支援学校 中学部・高等部

    概要


    日時: 2021年11月24日(水)13:45~14:45
    場所: 瀬戸市立瀬戸特別支援学校 光陵校舎体育館
    出演: 佐々木遥香(ハープ) 坂本実奈美(フルート) 鶴見由佳(ヴァイオリン)

    • オトのじかん-瀬戸市立瀬戸特別支援学校 中学部・高等部

      演奏が始まるといつもの体育館がとても華やかな演奏会場に様変わり。3つの楽器の音色がとても優しく華やかで特別な空間になりました。

    • オトのじかん-瀬戸市立瀬戸特別支援学校 中学部・高等部

      後半には足元の照明を点灯し、曲に合わせてムードのある空間を演出しました。五感を使って幻想的な雰囲気を楽しみました。

    • オトのじかん-瀬戸市立瀬戸特別支援学校 中学部・高等部

      楽器紹介ではオトのじかんで初めて招いたハープの音やペダルの役割など、楽器の仕組みについても教わりました。フルートの紹介ではテレビでよく聴く楽曲を披露し、生徒さんの嬉しそうな顔が印象的でした。

    愛知県立瀬戸つばき特別支援学校 中学部

    概要


    日時: 2021年12月1日(水)13:10~14:10
    場所: 瀬戸つばき特別支援学校
    出演: 赤堀 裕之史(トランペット) 永井淳一郎(トロンボーン) 竹之内奏(ピアノ) 林美春(パーカッション)

    • オトのじかん-愛知県立瀬戸つばき特別支援学校 中学部

      この学校で初めての生演奏イベントで、生徒の皆さんも緊張していたようです。しかし、曲が始まると次第に緊張はとけて手拍子で応戦するなどオトを楽しんでいました。

    • オトのじかん-愛知県立瀬戸つばき特別支援学校 中学部

      クリスマスメドレーの際には、生徒の皆さんにリストバンド型鈴を配布し、出演者の合図で演奏に参加しました。全体のリズムに合わせて手を挙げて鈴を鳴らすなど、大いに盛り上がりました。

    • オトのじかん-愛知県立瀬戸つばき特別支援学校 中学部

      アンコールも流行りの楽曲で大盛況のなか終わりました。終演後、生徒さんからは「知っている曲がたくさんあって嬉しかったです。楽しい時間をありがとうございました。」というお礼の言葉をいただきました。

  • 第3回 / 2020年 瀬戸公演

    2020年11月25日(水)に瀬戸市立瀬戸特別支援学校中学・高等部、11月27日(金)に同校小学部にて第3回「オトのじかん-MARUWAの音楽会-」を開催いたしました。
    今年は新型コロナウイルスの感染予防対策として、密を避け広い会場を使用し、換気を行う中で関係者の人数も最小限で開催いたしました。

    小学部

    概要


    日時: 11月27日(金)10:50~11:50
    場所: 瀬戸市立瀬戸特別支援学校 萩山小学校体育館
    出演: 赤堀 裕之史(トランペット)永井淳一郎(トロンボーン)竹之内奏(ピアノ)林美春(パーカッション)

    • オトのじかん-小学部

      吹奏楽器の前には透明のシートを用意し、飛沫予防対策の中で演奏していただきました。

    • オトのじかん-小学部

      児童は手持ちの楽器で、クリスマスメドレーのリズムパートに参加しました。

    • オトのじかん-小学部

      参加型のプログラムにより会場は一体となり、大盛況の中終演しました。

    中学部・高等部

    概要


    日時: 2020年11月25日(水)13:30~14:30
    場所: 瀬戸市立瀬戸特別支援学校 光陵校舎体育館
    出演: トリオミシシッピ/鈴木豊大(パーカッション)石川貴憲(サックス)丸尾裕嗣(ピアノ)

    • オトのじかん-中学部・高等部

      大きな体育館で距離を取っての鑑賞。パーカッションの曲目ではタイプライターを楽器として使用し、軽快なリズムとユニークなオトの組合せを楽しみました。

    • オトのじかん-中学部・高等部

      演奏のほかに「オト」の印象を絵で表現するなど、視覚的に楽しむコーナーもありました。

    • オトのじかん-中学部・高等部

      音楽会終了後、代表の生徒さんからお礼の挨拶と花束、授業で制作した鉢植えの贈呈がありました。

  • 第2回 / 2019年 瀬戸公演

    2019年10月11日(金)に瀬戸市立瀬戸特別支援学校小学部にて、11月20日(水)に同校光陵校舎(中学部・高等部)にて、第2回「オトのじかん-MARUWAの音楽会-」を開催いたしました。
    芸術の素晴らしさ、生の楽器の音色にぜひ触れてほしいという思いからこの催しを企画し、同校では2回目の開催となりました。
    地元愛知県を中心に活動している10名の若手演奏家が出演しました。

    小学部

    概要


    日時: 10 月11 日(金) 10:50~11:50
    場所: 瀬戸市立瀬戸特別支援学校(小学部)体育館
    出演: 水野慎太郎(ヴァイオリン)村越久美子(ヴァイオリン)祖父江依子(ヴィオラ)山田真吾(チェロ)山本多恵佳(ピアノ)近藤幹夫(マリンバ)

    • オトのじかん-小学部

      昨年の開催を覚えている児童もたくさんいて、積極的に参加してくれました。

    • オトのじかん-小学部

      リズミカルな打楽器、多彩な音色の弦楽器、流れるような旋律のピアノ、様々なオトが奏でられました。

    • オトのじかん-小学部

      音楽会終了後、児童らは打楽器を触ってオトを体験しました。

    中学部・高等部

    概要


    日時: 11 月20 日(水) 10:45~11:45
    場所: 瀬戸市立瀬戸特別支援学校(光陵校舎) 多目的室
    出演: smania(ズマーニャ)

    • オトのじかん-中学部・高等部

      4種類の楽器がタンゴの世界や映画音楽を奏で、ムードのある空間を作り出しました。

    • オトのじかん-中学部・高等部

      楽器紹介の場面では、演奏家と生徒の交流がありました。

    • オトのじかん-中学部・高等部

      最後に、生徒からお礼の言葉と、手作りの品が手渡されました。

  • 第2回 / 2019年 福島公演

    2019年10月19日(土)に福島県立郡山支援学校にて「オトのじかん-MARUWAの音楽会-」を開催いたしました。
    特別支援学校に通う子供たちに芸術の素晴らしさ、生の楽器の音色にぜひ触れてもらいたいという思いからこの催しを企画し、2年目の今年は福島県で開催いたしました。出演は福島県郡山市を中心に活動している郡山市民オーケストラ。郡山支援学校(小学部、中学部、高等部)の児童約50名と保護者や教職員の方々、総勢約160名が観覧し、オーケストラの音色を楽しみました。

    概要


    日時: 2019年 10月 19日(土) 13:30~14:30
    場所: 福島県立郡山支援学校 体育館
    出演: 郡山市民オーケストラ

    • オトのじかん

      音楽会へ足を運ぶことが難しい児童も、学校の体育館でオーケストラの生演奏を楽しみに、集まりました。

    • オトのじかん

      開演にあたり、「音楽を通して芸術の素晴らしさを感じてほしい」と、MARUWAの想いをお伝えしました。

    • オトのじかん

      総勢50名のオーケストラが大迫力で奏でるラデツキー行進曲やディズニーメドレーなどに、自然と手拍子が起こり、会場は盛り上がりました。

    • オトのじかん

      アンコールはオーケストラ伴奏による校歌斉唱。壮大な演奏に、一緒に歌う声もだんだん大きくなっていきます。

    • オトのじかん

      代表児童からは「この近距離で聴くことができて感動した。楽しい時間をありがとうございました。」と感想をいただきました。

    • オトのじかん

      演奏会後、楽器を触らせてもらう機会がありました。児童は初めて触る楽器に目を輝かせ、オトの出し方を教えてもらいました。

  • 第1回 / 2018年

    2018年12月11日(火)に瀬戸特別支援学校小学部にて、12日(水)に同校中学部・高等部にて、第1 回『オトのじかんーMARUWAの音楽会ー』を開催いたしました。
    MARUWAは地域に根ざした芸術文化の普及・支援活動を会社の社会的使命として CSR活動に力を入れております。芸術の素晴らしさ、生の楽器の音色にぜひ触れてほしいという思いからこの催しを企画し、愛知県立芸術大学の協力を得て実現いたしました。出演者はいずれも愛知県立芸術大学の卒業生を中心に構成された演奏楽団。

    小学部

    概要


    日時: 12 月11 日(火) 10:50~11:50
    場所: 瀬戸市立特別支援学校小学部 体育館
    出演: 木管五重奏団 / Ensemble Violet(アンサンブル・ヴィオレ)、ゲストピアニスト / 江川智沙穂

    • オトのじかん-小学部

      曲目は、ジブリメドレーや日本の歌メドレーなど聴き馴染みのある曲やクラシック曲など

    • オトのじかん-小学部

      楽器を紹介したり、こどもたちと掛け合いをしたり、和やかなムードで楽しんでいました。

    • オトのじかん-小学部

      代表児童からお礼の言葉と花束贈呈。MARUWAからお菓子のプレゼントも喜んでもらえました。

    中学部・高等部

    概要


    日時: 12 月12 日(水) 10:45~11:45
    場所: 瀬戸市立特別支援学校中学部 多目的室
    出演: 弦楽四重奏団/Quartet Vita(カルテット・ヴィータ)

    • オトのじかん-中学部・高等部

      弦楽器ならではのクラシック名曲やディズニー、情熱大陸のテーマ曲など

    • オトのじかん-中学部・高等部

      普段には見せない集中力で、じっくりと聴き入る生徒たち。歓声や手拍子で盛り上がりました。

    • オトのじかん-中学部・高等部

      代表生徒は「日頃経験できない生演奏で感動した」と感想を述べ、生徒が制作したカレンダーが出演者にプレゼントされました。