MARUWAの技術

  • 4つの事業領域
  • コアとなる"セラミック技術"が強み
  • 技術の融合による、独自の総合技術力

4つの事業領域

MARUWAはセラミック技術をコアとして、現在4つの分野の事業(セラミック、電子部品/デバイス、石英ガラス、LED照明)を展開しています。

4つの事業領域

セラミック

セラミック

セラミック

長年培ってきた独自の材料技術、シート/粉末成形・焼成等のセラミック製造技術やノウハウを駆使し、セラミック基板の生産から、その基板の回路設計・回路パターン形成・部品実装等の加工まで、一貫した生産体制を確立しています。セラミックの各材料特性を活かし、様々なニーズにお応えすることができます。

電子部品/デバイス

電子部品/デバイス

電子部品/デバイス

セラミック事業で培ったセラミック材料技術・製造技術をベースに、積層技術や部品実装技術との融合を図り、EMIフィルタ、磁性シート、インダクタといった高周波部品・デバイスや、EMC対策部品(サージ・ノイズ対策部品)を生産しています。また、磁性シートやインダクタをはじめ各種製品において、グローバルな量産体制を構築しています。

石英ガラス

石英ガラス

石英ガラス

半導体産業に不可欠な石英ボート、チューブ製品をはじめ、光ファイバー用多重管バーナー、細孔穿孔加工品等、様々な石英ガラス製品を生産しています。最新鋭の設備環境と熟練の技術を組み合わせ、超クリーン製造や大型製品製造等の新技術構築とともに、太陽電池、LED等進展急激な分野へ向けて開発・量産を進めています。

LED照明

LED照明

LED照明

LED道路照明、LEDインテリア照明、LED高天井照明等のLED照明器具を生産しています。さらに、これまでに培った光学設計技術やハイパワー照明に関する技術に、セラミック技術、回路設計技術、実装技術を組み合わせ、照明器具の寿命・性能向上に寄与する放熱性に優れたLEDモジュールの開発を進めています。

Page Top

コアとなる"セラミック技術"

陶磁器生産からファインセラミックの分野へ進出したMARUWAにとって、コア技術となるのはセラミック材料技術、セラミック製造技術です。
ますます高度化する電子・電気機器製品の性能や品質を支える、高性能・高品質のセラミック基板製品をグローバルかつ安定的に生産・供給しています。
様々な時代のニーズに応えられるよう、さらにコア技術を高めるとともに、常に新しい技術・製品の開発を進めています。

コアとなる"セラミック技術"が強みです。

セラミック材料、セラミック製造技術

数ある技術の中で、MARUWAはセラミック材料技術、セラミック製造技術をコア技術と位置付けています。
ドクターブレード式シート成形機、連続式焼成炉といった大型設備をいち早く導入し、量産体制を構築。
材料から基板までを一貫生産することで、徹底した品質管理ができるだけでなく、お客様からの様々なニーズに柔軟に応えることができます。

材料技術

材料技術

高純度の原料を、特性に合わせた独自の組成で配合し、ミキシング技術により高い均一性を確保します。

シート成形技術

シート成形技術

0.01mm~2mmの範囲で、高精度かつ均質なシートに成形します。

プレス技術

プレス技術

高い寸法精度を確保するため、独自に設計した金型を用います。

焼成技術

焼成技術

・約1600℃の炉内温度を±5℃の範囲で制御し、均一に焼成します。
・材料に応じて、連続式焼成炉、バッチ式焼成炉、大気焼成炉、雰囲気焼成炉など様々な焼成設備を使用します。

Page Top

技術の融合による、独自の総合技術力

MARUWAは市場ニーズにいち早く応えるため、セラミック基板・加工基板から電子部品/デバイスまで一貫した生産体制を構築しました。さらに、自社技術の融合を進め、セラミックから回路設計・実装に至る総合技術力を磨いています。

セラミック基板加工技術

多層・積層(キャピティ構造)

薄膜メタライズ

自社製セラミック単一基板や積層技術を用いて内部に回路パターンを組んだセラミック多層基板と、印刷・薄膜メタライズ等による回路パターン形成技術を組み合わせ、小型かつ高性能なセラミック基板を材料から一貫して生産しています。お客様の多様なニーズにカスタムメイドで対応することが可能で、徹底した管理体制のもと、安定した品質の製品を提供しています。

【その他の加工技術】

●グレーズ加工
     ・エッチング加工
●レーザー加工
     ・スクライブ加工
     ・マイクロスリット加工

●表面研磨加工
●パンチング加工
●機械加工

電子部品製造技術

電子部品/デバイス事業においても、セラミック技術との融合が着実に図られています。MARUWAの電子部品・デバイスには、セラミック事業の材料技術、基板成形技術、焼成技術、加工技術、回路設計技術など多くの技術が活かされていて、電子・電気機器の小型化、多機能化に寄与しています。

磁性シート

磁性シート

セラミック基板における焼成技術やスリット加工技術を活かした、緻密かつフレキシブルなフェライトシートです。

パワーインダクタ

パワーインダクタ

フェライト材を使用し、最適な構造設計により、小型化・低背化を達成しています。

電圧制御発振器

電圧制御発振器(VCO)

自社製誘電体セラミック基板を使い、回路設計、部品実装することにより超小型化を達成しています。

★LEDモジュールに見るMARUWAの総合技術

MARUWAのセラミック技術、回路設計技術、実装技術等を総結集することで、高機能モジュールの材料・部品、回路設計から量産までが可能です。

LEDモジュールに見るMARUWAの総合技術

Page Top

技術の融合をさらに進め、最先端技術を支えます。

MARUWAでは、これからもコア技術であるセラミックに関する技術に徹底的にこだわり、放熱性や絶縁性など一層優れた性能を有するセラミック製品の開発・生産を進めます。また、柔軟な発想をもって「セラミック技術+α」の技術融合をさらに進め、市場ニーズに応えられる製品、最先端技術を支える製品の開発を進めて参ります。

カテゴリーから製品を探す

  • セラミック
  • 電子部品/デバイス
  • 石英ガラス製品
  • LED照明